好きな花はマーガレット

「花・薬・法律・手話・占い・音楽・絵本」など興味あるものをアウトプットする雑記ブログ

あおくんときいろちゃん

みなさん好きな色はありますか わたしは「きいろ」と「みどり」が好きです きいろ単色でもなくみどり単色でもなく、きいろとみどりが一緒に並んでいるのが好きです。 今回紹介したい絵本は色にまつわる話 顔も身体もなにもない、単色の形のものが「ぽん」と…

風邪の症状によるカロリー消費量

風邪の時はただ寝てるだけで、なにか焦燥感などが現れるのですが、ゆっくりと休むことが大切です。 寝ているだけで体の中では風邪菌に対して生体防衛反応をおこない、体力を消耗しています。 一般的に運動をすることによって体力を使い、カロリーを消費する…

金銀花

むかしむかし双子の姉妹がおりました。姉を金花、妹を銀花といいます。 二人はとても仲が良くいつでも一緒に過ごしておりました。 ある日、金花が病に倒れました。 銀花は一生懸命看病を続けたが、やがて自らもその病に倒れてしまった。 「同じ日に生まれた…

絵本の紹介(いのちのふね)

いのちのふね すずきまもる 地球上のたくさんの生き物がいのちのふねにのる 雲の上についたふねから降りる生き物 みんな好きなように過ごす いままでと同じように たのしかったこと あなたのことを思い出している 雲の中に住んでいるとどんどん元気になって…

絵本の紹介(オットー 〜戦火をくぐったテディベア〜

『ぼくはオットー。ドイツの工場で作られた、ほんもののテディベアです。 デビットという少年の誕生日のおくりものになって、デビットの親友オスカーと三人で、楽しい日々を過ごしていました。 ある日、ユダヤ人だったデビットは両親とともに強制収容所にお…

障害年金認定基準

障害年金が支給される障害の状態にあるかどうかは障害年金認定基準をもとに判断される。 1級:日常生活上常時介護を必要とするもの2級:日常生活に著しい制限を受けるもの3級:労働が著しい制限を受けるもの(厚生年金のみ) 3級の認定基準にもあるとおり障…

ヒマシ油

先日、ヒマシ油を目薬代わりに点眼しようとした方がいました。 なぜ と思い、質問してみると「ドライアイで潤いが欲しいから」と その方の論理的には「油分で水分が飛ぶのを防ぎ潤いが保つ」とのこと ちなみにそれはどこ情報ですか。とたずねると TVショー …

サフラン(ギリシャ神話)

花の女神フローラが湖水のほとりの牧場で一人もの思いにふけっていた。そこへ、突然足の下あたりから牧場の精があらわれ、ひざまずいて「子羊たちが今、秋の草花たちに別れを惜しみにやってきます。子羊たちが心地よく昼寝を楽しめるように、花のジュ-タン…

溺れる

夏の暑さもひと段落し、今年も水難事故の話を聞く。 溺れるとは一体どういうことなのだろうか 泳ぎが得意の方でも溺れてしまうことがあるというのはどういうことだろうか 波に巻き込まれてたり、息継ぎのタイミングを間違い水を飲む。その際に鼻の奥から鼓膜…

高年齢求職者給付金

母が定年を迎えて会社を退職する際に失業保険について質問されたので紹介したいと思います。 60歳以上で雇用保険に6ヶ月以上加入していた期間があった後、退職した場合雇用保険から 高年齢求職者給付金が支給されます。 支給額は 賃金日額=6ヶ月の総賃金/1…

コンドロイチンを多く含む食品

おととしに本格的なそばダイエットを始め、約半年で-10kgに成功した。 しかし、2年かけて徐々に体重が戻り今年初めにはすっかり元どおりになった。 そして、それから緩やかなそばダイエットを始め、6月頭には-5kgの減量に成功した。 方法は至って簡単。そば…

憧れの機関車(絵本)

憧れの機関車 父さんがぼくに話してくれた「ケーシー・ジョーンズが機関車に憧れはじめたのは、今のおまえよりずっと小さいときだったんだよ。」 僕たちのヒーロー、機関車ケーシー。 あの体の大きいケーシーが、ぼくよりもちいちゃかったなんてことを想像す…

労災の保険給付(事例の場合)

知り合いが過度のストレスにより仕事中に意識を失うという事件を聞いたのが先日。 その経緯を本人に少し聞くことができた。 1回目の失神 仕事中に意識を失い救急搬送。手当を受け帰宅。3日間仕事を休む。 2回目の失神 1回目の失神から3週間後、2回目の失神。…

労災認定

最近知り合いが仕事上の過度のストレスにより業務中に失神するということが起きた。 人づてに聞いたので詳しい内容がわからないが、労災認定について改めて復習するためにまとめる。 労災保険から支給を受けられるかどうかの判断は、厚生労働省が策定した「…

たんぽぽ

春になるとよく目にする、道端にたくさん生えているたんぽぽ。 このたんぽぽ、食べることができるってご存知でしたか?今日はこのたんぽぽを紹介します。 たんぽぽの生薬名は「蒲公英」有名な効果は「乳汁の分泌促進効果」 根を刻んで乾燥し、焦げ目がつくぐ…

細井聡司さんのイベント出演

最近ブログを更新してないって?すみません。 うれしいことに音楽活動が詰まっており、練習漬けになっております。 さらに、文章を書くのに時間のかかる私はなかなかブログを書けないでいます。 ところで、音楽のことをこのブログでまだ一回も紹介していない…

コブシ(春の花)

春に咲く花として「コブシ」という花がある 春のつぼみ、秋に実る果実が握りこぶしに似ているからと言われる花だ。 大きな木に咲く白い花で遠くからよく目立つ。そのため花言葉は 「歓迎」 他にも「友情」「信頼」などがある。 この花は何が特徴かというと食…

梅(ウメ)

サクラの季節が来たのだが、ひとつ紹介し忘れていた花がある。 「ウメ」だ ウメには観賞中心の花ウメと果実を利用する実ウメの2種類がある 鑑賞中心のウメも鮮やかな淡いピンクと濃淡の赤が混じり合いとても魅力的な花になっている。 果実を利用する、という…

サクラ(日本神話)

寒さもまだ残る中、4月を迎え新年度が始まった。 開花も例年より少し遅れ、都内では今週末(4月9日)あたりがとても見頃になるよう。 サクラについてはギリシャ神話の説明はない。 サクラは日本の国花(非公式)とも言われ、たくさんの日本人に愛されている。な…

絵本の紹介(あずきとぎ)

この作者の名前を見たときは「え???」と思ったが、読み終わると「さすが」と感服した。 あずきとぎ 夏休みの間は田舎で暮らすんだ。何にもないや と男の子が田舎のおじいちゃんの家に遊びに来た。 むし。くさ。いし。はな。とり。き。はやし。もり。やま…

セルフメディケーション税制

今年から一定の成分の入った医薬品を購入すると10万円を超えなくとも税金が返ってくる法律が施行された。 それがセルフメディケーション税制(医薬品控除の特例) 平成29年1月1日から平成33年12月31日まで健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして一定…

食あたりの下痢止め

ここ数日外食が多かった。 昨日の朝食、数日前に作っていたスープを飲むことにした。 心配なので少しなめてみると味に異常はない。 一口、二口、三口飲んだ時に気がついた。 「そうだ、わたしは花粉症だ」 その時にはすでに時遅く、口の中に広がった酸味で顔…

休業手当

20170226の年次有給休暇 - 好きな花はマーガレットでそれを使わなくても休めるという説明があったのでここで詳しく書く。 事例ではアルバイト先が改装なので年次有給休暇で休みを取りなさいと言われたと相談があった。 わたしは年次有給休暇を使わずとも改装…

簡単、確実、すぐに眠気が消える

想像してみよう。 よく晴れた昼下がり。今日は少し贅沢したかな。デザートまで食べてしまった。 目の前に積まれた仕事の山。頂上を隠すように閉じかけるまぶた。 さて、このようなときあなたはどのような方法で眠気を消すか。 コーヒー、ミントガム、つねっ…

産前産後休業

20170226のブログで年次有給休暇 - 好きな花はマーガレット紹介した。そこでアルバイトの産前産後休業のことが出たので詳しく書いていきたい。 産前産後休業とは 産前休業 出産予定日以前6週間(42日)の期間は女性が休業を請求したら労働をさせてないけない。…

脳梗塞チェック

死亡の原因の上位に常にいる脳梗塞。突然の病に倒れる前に簡単なチェックの方法がある。 簡単なので試していただきたい。 1、背筋を伸ばして足は肩幅程度開き立ち、目を閉じる2、腕を肩の高さまであげ前方に出す。手のひらは上、指はまっすぐ伸ばす。3、目を…

マウスウォッシュとデンタルリンスの違い

ミントやフルーティな香りのする洗口液。有名な商品はモンダミンやリステリンなどがある。 パッケージをよくみると、「洗口液」「液体歯磨き」など商品によって表示が違う。 口をすすぐだけではないのか。この2つの違いは一体なんであろうか。 本日はこの2つ…

年次有給休暇

年次有給休暇(以下"有休"とする)は法律上当然に生ずる権利のため労働者の請求を待って権利が付与されるのではない。 通常の労働者は6ヶ月継続勤務で有給休暇の権利義務が当然に発生する。 今回相談を受けたのはアルバイトの有休についてだ。 まず、前提とし…

早く飲めば花粉の症状の重症化を防ぐ

「言うの遅いよ」 画面の向こうでそのように指摘をする声が聞こえてきます。 わたしは数年前から花粉症を発症し、早く飲めば花粉の症状の重症化を防ぐと知り、毎年2月15日に飲み始め、2月後半の飛散時期に合わせています。 ですが 女性の心とスギの心は大人…

確定拠出年金法(2017年1月改正法施行)

働くことで収入を得る。そのお金で日々の生活に潤いをもたらすことができる。 将来働くことができなくなるとどうなるか。公的年金という制度がわたしたちの収入源にかわる。 しかし少子高齢化に伴い年金受給の年齢の繰り下げ?支給額が減る?年金破綻する?…