好きな花はマーガレット

「花・薬・法律・手話・占い・音楽・絵本」など興味あるものをアウトプットする雑記ブログ

絵本の紹介(もりのなか)

表紙に色を少し使っているだけで、カラフルな絵本とは真逆の白黒

どこか幻想的な雰囲気のある絵本

 

もりのなか

 

作:マリー・ホール・エッツ

 

少年が紙の帽子をかぶり、ラッパを持って森へ散歩に出かけた

 

するとライオンが昼寝をしている

少年のラッパを聞いたライオンは目を覚ましこう言った

 

「 どこへいくんだい?ちゃんと髪をとかしたらついて行っていいかい?」

 

ライオンと散歩していると2匹のゾウが水浴びをしている

 

 

 

…そうしていくつもの動物に会い、みんな引き連れて森の散歩

 

ひと休みしたらみんなで森の中で隠れん坊

少年が鬼になり、もういいかいと目を開けるとそこには動物たちがおらず、お父さんが立っていた

 

お父さんは少年が心配で探しに来ていた

 

「いったい誰としゃべっていたんだい?」

 

「動物たちだよ。みんな隠れているの」

 

「でも、もう遅いから帰らなくちゃ。きっと、また今度まで待っててくれるよ」

 

「 さようならぁ。みんな待っててね、また今度散歩にきたらさがすからね」

 

 

 

 

この絵本を好きにさせてくれた理由は最後のお父さんの言葉

「きっと、また今度まで待っててくれるよ」

 

すごい。少年の夢を壊さない言葉。

自分が親になったとき、このような言葉が言えるか。難しいだろうね。

このお父さんの言葉がわたしの胸に突き刺さりました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする