読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな花はマーガレット

「花・薬・法律・手話・占い・音楽・絵本」など興味あるものをアウトプットする雑記ブログ

歯周病(歯槽膿漏)

いまやもう国民病とも行っても過言ではない歯周病
厚生労働省の調べでは40代の80%以上に歯周病の疑いがあるとされている。

同年代の30代以上の70%以上も歯周病の疑いがあるとされる。


歯周病の症状とは何か

歯周病を起こす原因は、歯と歯茎の間にたまった歯垢の中にいる歯周病菌。つまり歯垢は細菌の塊。

歯磨きを適当にする、砂糖の取りすぎにより増殖。細菌が出す毒素や酵素により歯周組織に炎症を起こし、少しずつ歯を支える組織を破壊していく。

痛みなど自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなる。

 

この細菌の名を「ジンジバリス菌」という

この菌はとても強い臭いを発生させる。


さて、自覚症状がほとんどない歯周病なのだが、自分で判断できるとされるセルフチェック項目を書いていこう

 

・口臭 

  歯周炎が進行しており膿が出ることにより口臭がきつくなる。


・朝起きたときのクチのネバネバ感

 歯周病が進行し、粘性が高い歯肉溝浸出液がしみだす。これが粘つきの原因の一つ


・冷たいものを口に入れるとしみる

 歯槽骨の吸収が起こっており、歯根が露出


・歯肉が赤くはれる

 歯肉の炎症で充血が起こっている


さて、セルフチェック項目に当てはまるものはあるでしょうか?

 

かくゆうわたしは25年ほど歯医者に通っておらず少々不安を感じている。
80-20という運動(80歳で20本の歯をもつことにより生き生きした老後を)に参加するため、恐いけれど歯医者に行ってみようか

 

 

広告を非表示にする