好きな花はマーガレット

「花・薬・法律・手話・占い・音楽・絵本」など興味あるものをアウトプットする雑記ブログ

食あたりの下痢止め

ここ数日外食が多かった。

 

昨日の朝食、数日前に作っていたスープを飲むことにした。

心配なので少しなめてみると味に異常はない。

一口、二口、三口飲んだ時に気がついた。

 

そうだ、わたしは花粉症だ」

 

その時にはすでに時遅く、口の中に広がった酸味で顔が歪んだ。

 

 

その夜から翌朝かけてトイレのドアを何度も開けた。

 

 

 

さて、今日は食あたりの対処について説明しよう。

 

まず、食あたりの下痢はむやみに止めない方が良い。

これは止めてしまうと体内に細菌が残ってしまうためである。身体が押し出そうとする代謝なので、いたずらに止めない方が良い。しかし、あまりにも酷く、脱水をおこすような状況であれば止めた方が良い。

 

他にも学校・仕事・長時間の移動などすぐにお手洗いにはいけない場合がある。こういった時に止めてしまうのはかまわない(身体にはよくないが)

 

 止めるための薬にも種類があるので注意してほしい。

 

 

食あたりの場合で使うことができる成分は

 

塩化ベルベリン、タンニン酸ベルベリン、クレオソート

 

など腸内を殺菌する成分が含まれていることが必要。

 

間違えてはいけないのは

 

タンニン酸アルブミン、塩酸ロペラミド、次没食子ビスマス等(ビスマスを含む成分)

 

上記は食あたりの下痢には使用しないこと。

 

 

今回は食あたりのみで済んだ。数年前、食あたりなのかわからないが、身体中の水分が穴という穴から出てきて意識を失ったことがある。

 

暖かくなりはじめたので、食品には十分に注意したい。

 

 

広告を非表示にする