読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな花はマーガレット

「花・薬・法律・手話・占い・音楽・絵本」など興味あるものをアウトプットする雑記ブログ

サクラ(日本神話)

寒さもまだ残る中、4月を迎え新年度が始まった。

開花も例年より少し遅れ、都内では今週末(4月9日)あたりがとても見頃になるよう。

 

サクラについてはギリシャ神話の説明はない。

サクラは日本の国花(非公式)とも言われ、たくさんの日本人に愛されている。なので日本神話を紹介したい。

 

 桜 -サクラ-

 

山ノ神(オオヤマツミノカミ)と野の神(クサノヒメノミコト)との間に生まれたコノハナノサクヤビメのちに富士山の神とみなされ、浅間神社に祀られ安産の神として信仰される)は、ニニギノミコトと結婚するまで、宮殿の奥深くで生活していた。
あるとき、父の命によって、雲を踏み、霞に乗って紫雲にそびえる富士山頂に降り、種をまいた。そこから日本の国にサクラが咲きみだれるようになったという。

 

花言葉は「純潔」「壮大な美しさ」「心の美しさ」「優れた美人」

 

 

余談だがデンマークがサクラを国花にしたいという内容の記事を見たのだが、わたしは反対である。

 

なぜならデンマークの国花はマーガレットだからである。変えなくてもいいじゃん。

 

 

 

広告を非表示にする